健康管理

トップ » 健康管理

「健康管理」に関するQ&A一覧   8件中:1 - 8

  
  • 健康増進法施行されたが事業主として留意すべきことは
    【平成15年:事例研究より】

    健康増進法の概要急速な少子高齢化、低迷する経済状況など、わが国の医療制度を取り巻く環境は大きく変化しており、良質で効率的な医療を国民に提供するためには、医療制度を構成する各システムを大きく転換する必要があり...

  • 配置薬会社に任せっぱなしだが、救急箱に何を常備するか
    【平成15年:事例研究より】

    労働安全衛生法には第23条で「事業者は、労働者を就業させる建設物その他の作業場について、通路、床面、階段等の保全並びに換気、採光、照明、保温、防湿、休養、避難及び清潔に必要な措置その他労働者の健康、風紀及び...

  • 騒音職場の聴力検査は通常業務の健診内容で足りるか
    【平成15年:事例研究より】

    法律で定めた健康診断で、聴力検査が項目にあるものには、労働安全衛生法第66条に基づく、雇入時の健康診断および1年以内に1度行う定期健康診断があります。それらの健康診断では、聴力検査として1,0...

  • 雇入時診断項目から色覚検査が外されたが全面禁止か
    【平成15年:事例研究より】

    労働安全衛生法に基づく雇入時健康診断は、雇い入れた労働者の適正配置や入職後の健康管理の基礎資料を得ることを目的として事業者に対して実施を義務づけており、色覚検査も、この一環として全労働者を対象として実施して...

  • 定期健診を健保で受けた場合会社は3割を填補でよいか
    【平成15年:事例研究より】

    健康保険の給付理由となる保険事故は、「業務外の事由による疾病、負傷若しくは死亡または出産」と定義されています。健康診断そのものは、疾病予防を目的とするもので、疾病には該当しません。

  • 長時間労働で眼がかすむと訴えが出たが、OA業務の健康対策はどうする
    【平成16年:事例研究より】

    近年、VDT機器が多様化してVDT作業が広く職場に導入され、誰もが職場.においてVDT作業を行うようになり、職場環境、作業形態等も大きく変化し、VDT作業者に心身の疲労を感じている者が多いことから、厚生労働...

  • 雇用契約が数力月で終わる予定のパートでも健診が必要か
    【平成16年:事例研究より】

    健康診断は、個々の労働者について健康状態を把握し、適切な健康管理を行っていくために大変重要なことです。労働安全衛生法は、その第66条において事業者は労働者に対し、医師による健康診断を行わなけれ...

  • 人間ドック受けていれば定期健診で項目省略できるか
    【平成16年:事例研究より】

    労働安全衛生規則第44条では、以下の項目について、1年以内ごとに1回.定期的に健康診断を行うことが義務づけられています。1既往歴及び業務歴の調査2自覚症状及び他覚症状の有無の検査3身長、体重、...

8件中:1 - 8

  1
採用に強い尼崎の社労士:中井智博